明治安田生命J1リーグ

2021年【J1第25節】 神戸VS鹿島/スタメン情報、試合結果・回顧のまとめ記事

カシマサッカースタジアム

 

本記事は明治安田生命J1リーグ第25節、ヴィッセル神戸VS鹿島アントラーズVSに関する記事を書いてゆきます。

 

本記事の内容

1.前節のおさらいと現在の順位(前節終了時点)

2.スタメン情報(前日予想スタメンと確定スタメン)

3.試合結果・回顧・ハイライト動画

 

前日の予想スタメンからはじまって、試合結果・回顧からとハイライト動画をまとめています。

 

この記事を書いている人

2015年から鹿島アントラーズサポーターを続け、現在はSOCIOシルバーメンバーに入ってホームゲーム全試合と一部のアウェーゲームの観戦を2017年から続けている私が、鹿島アントラーズサポーターとしてのスタメン予想のほか、実際のスタメン情報から試合結果・回顧を備忘録として残すために記事を書いています。

 

スポンサーリンク

前節のおさらいと現在の順位(前節終了時点)

順位表

 

・前節のおさらい

・現在の順位

・今節の見通し

 

以下に解説します。

 

前節のおさらい

 

 前節は湘南徳島ヴォルティスとホームで対戦し3-0のクリーンシートで勝利しました。

 

前半早々に荒木のフリーキックが空いてDFに当たってリフレクションし、そのままゴールと幸先良いスタートから、途中は攻めあぐねる面があったものの、上田やカイキ・遠藤の交代加入で動きが変わってポンポンと追加2得点。

荒木の惜しい幻となってしまったハットトリック(オフサイドで取り消し)シュートもありで終盤は見どころ満載でした。

これでリーグ3連勝しての勝ち点3の積み上げし、暫定順位も3位と上昇させる事が出来、相当久しぶりのトップ3・ACL圏内入りとなりました。

 

現在の順位

 

 現在の順位は暫定3位となっています。

今節勝利でもそのまま3位です。

2位マリノスまではまだ勝ち点で15も差があり、コツコツと積み上げて行くしかありません。

 

しかし、勝ち点同点で神戸・鳥栖が並んでいるので、敗戦してしまうと最悪7位に落ちる可能性があります。

束の間の喜びとならぬよう、ここも勝利が必要です。

 

今節の見通し

 

 今節出場するかはわかりませんが、ヴィッセル神戸には元鹿島アントラーズで日本代表FWの大迫勇也が加入しました。

大迫勇也がヴィッセル神戸へ完全移籍

 

合流するにはまだ時間が掛かるようで、今節では古巣対戦にはならない見込みのようです。

ヴィッセル神戸はセルティックへ海外移籍した古橋中心のチーム造りでここまで来ている為、そのエースストライカー不在の今はまだフィットしていない大物加入でもそこまで強さを発揮出来ないことも考えられます。

ちなみに今シーズンは既にホームで対戦済で、1-1で引き分けています。

神戸の1点は古橋の得点でした。

 

上述の通り、暫定3位まで積み上げて来たものを、1週で陥落するのは何としても回避すべく、今節は勝ち点6の価値のあるゲームでもあり、必勝を願いたいですね。

 

スポンサーリンク

鹿島アントラーズ【スタメン情報】

サッカー番組

 

・前日予想スタメン

・確定スタメン

 

試合前日に鹿島アントラーズのスタメンを予想しています。

 

試合当日、実際のスタメンを掲載しています。

 

前日予想スタメン

 

予想スタメン

 

・FW 上田綺世

7連戦の3戦目、前2戦のスタメンはエヴェラウド。

ここは満を持して綺世が待望のスタメン出場と予想。

スタメン出場時の得点率高く、重要な神戸叩きの1戦でのゴールを大きく期待

 

・2列目には和泉・荒木・アラーノ

天皇杯で休めた和泉と荒木、そして戦列を離れていたアラーノで。

(土居かも知れないけど、、、)

 

・ボランチはレオシルバと三竿

ボランチも天皇杯では完全休養の三竿、その相方はレオシルバのコンビで。

 

・SBは永戸と常本

常本が連戦になるもののスタメンと予想。

永戸は天皇杯は途中出場のみで疲労少なく。

 

・CBは町田と犬飼

エヴェラウドよりもリーグ戦得点数多く、ここでも期待出来るこの両CBで。

 

そしてGKは沖。

天皇杯ではベンチのみで休めた守護神。

 

鹿島アントラーズ【確定スタメン】

 

確定スタメン

 

本日もスタメンFWはエヴェラウドでした。

 

そしてボランチはブラジルコンビが復活。

 

大迫勇也移籍で注目の神戸、大迫はベンチにも入らず!

 

スポンサーリンク

ヴィッセル神戸VS鹿島アントラーズ【試合結果・回顧・ハイライト動画】

ダゾーン

 

1-0 負け。。。

 

暫定3位も1日天下。。。

 

前半は面白い様にセカンドボールも拾え、良いリズムでゲームを進めるものの、得点は無く、次第に神戸ペースになる中、後半開始から神戸の新加入・武藤が入ることで明らかに神戸ペースへ。

結果、その武藤の絶妙の飛び出しが起点となって失点を許してしまい、反撃むなしくTHE END。

 

鹿島の決定的チャンスはエヴェラウドの2連シュートと和泉がGKとの1対1をキーパー正面にシュートしてしまったシーンのみでした。

今後、大迫勇也やボージャンもここに加わり、本日出場の武藤もよりフィットして強さます神戸をここで叩けずに順位を下げてしまうようではまだまだ厳しいかも知れませんね。

そして、ここぞという重要なゲームはことごとく落としてしまうのも悪い癖となっています。

 

ヴィッセル神戸VS鹿島アントラーズ【ハイライト動画】

 

 

DAZN

 

DAZN(ダゾーン)が最近充実している件。【6年使った感想】

 

  • この記事を書いた人

yuramei

鹿島アントラーズサポーターのyurameiです。普段は千葉在住の1972年生まれのサラリーマン(中間管理職)です。当ブログでは、ゆるいサッカーネタのほかに、グルメ情報(スタジアムグルメ・その他一般グルメ)、趣味、世の中の色々なものを検証したりしたことを綴ります。

-明治安田生命J1リーグ

Copyright© 鹿好きサポーターのブログ , 2021 All Rights Reserved.