ルヴァンカップ

2021年【ルヴァンカップ】鹿島VS福岡/スタメン情報、試合結果・回顧

 

福岡戦

 

本記事は2021年ルヴァンカップ/グループステージ第5節、鹿島アントラーズVSアビスパ福岡に関する記事を書いてゆきます。

 

本記事の内容

1.前節のおさらいと現在の順位(前節終了時点)

2.スタメン情報(前日予想スタメンと確定スタメン)

3.試合結果・回顧・ハイライト動画

 

前日の予想スタメンからはじまって、試合結果・回顧からとハイライト動画をまとめています。

 

この記事を書いている人

2015年から鹿島アントラーズサポーターを続け、現在はSOCIOシルバーメンバーに入ってホームゲーム全試合と一部のアウェーゲームの観戦を2017年から続けている私が、鹿島アントラーズサポーターとしてのスタメン予想のほか、実際のスタメン情報から試合結果・回顧を備忘録として残すために記事を書いています。

 

スポンサーリンク

前節のおさらいと現在の順位(前節終了時点)

 

順位表

 

・前節のおさらい

・現在の順位

・今節の見通し

 

以下に解説します。

 

前節のおさらい

 

前節はリーグ戦好調のサガン鳥栖とアウェーで対戦し2-2の引き分けでした。

 

引き分けとはいえ、ポジティブな面として杉岡のゴール&動きとワンタッチパスからのチャンス演出や新外国人のピトゥカのデビューなど見どころもあったゲームでした。

また、メンバー構成など異なる点はあるものの、リーグ3位をひた走る好調のサガン鳥栖に対してルヴァンカップでは1勝1分と言う結果となりました。

 

グループステージでの戦績は4戦3勝1分とステージ突破の最優位となっています。

 

現在の順位

 

現在の順位はグループリーグAグループで単独1位となっています。

得失点差も+10(失点はわずか1点のみ)と好成績となっています。

今節でグループステージ突破を決める可能性が高くなっています。

 

今節の見通し

 

今節はホームでアビスパ福岡との一戦です。

 

アビスパ福岡とはルヴァンカップのグループステージ第2節をアウェーで対戦し1-5で圧勝しています。

2021年【ルヴァンカップ】福岡VS鹿島/スタメン情報、試合結果・回顧

 

また、今季のリーグ戦でもアウェーで対戦しており、この時は1-0で敗戦しています。

2021年【J1リーグ第5節】福岡VS鹿島/スタメン情報、試合結果・回顧

 

J2から上がってきたチームとはいえ、リーグ戦では鹿島よりも上位の暫定7位で勝ち点も19と鹿島の15よりも4ポイント多いチームで決してラクな相手ではありません。

実際にリーグ戦の前節では浦和レッズに2-0で勝利して今節を迎えます。

 

そのアビスパ福岡も今節はグループステージ突破のために、是が非でも勝ち点を積みかさねたい1戦でしょう。

 

よって今節は引き分け以上でグループステージ突破を決めたい鹿島アントラーズと、グループステージ突破の望みをより大きくするためにより多くの勝ち点を積み重ねたいアビスパ福岡の対戦で見ごたえのあるゲームとなりそうです。

 

鹿島アントラーズはFWのエヴェラウド・上田綺世が離脱中です。

また、過密日程の中でも連戦出場中の荒木遼太郎の疲労度も気になるところで、今節のスタメンにも注目です。

 

スポンサーリンク

鹿島アントラーズ【スタメン情報】

サッカーボール2

 

・前日予想スタメン

・確定スタメン

 

試合前日に鹿島アントラーズのスタメンを予想しています。

 

当日、実際のスタメンを掲載しています。

 

前日予想スタメン

予想スタメン

 

今節は鹿島アントラーズが引き分け以上でグループステージ自力突破が確定します。

連戦続きで疲労度が一番高い点が気になる若きエース:荒木遼太郎は3日前のリーグ横浜FC戦でフル出場してしまっており、ここはさすがに休養を入れる場面と思われ、ベンチにも入らないと予想。

基本的に前回のルヴァンカップメンバーが主体で注目はピトゥカのスタメンがあるかどうか?と小泉のトップ下起用。

 

確定スタメン

 

確定スタメン

 

FWは連戦で染野がスタメンでした。

 

注目は初スタメンのピトゥカ。

今後の上昇に期待出来るプレーを見せて欲しいところ。

ベンチにはしばらく戦列を離れていたアラーノの名前も。

アラーノも試運転出来ると良いですね。

 

スポンサーリンク

鹿島アントラーズVSアビスパ福岡【試合結果・回顧・ハイライト動画】

試合結果

 

1-1 引き分け

しかし、ルヴァンカップ・グループステージ突破!!

関川の守備負けにより突破を許した流れからの失点でアビスパ福岡に先制されるものの、すぐさま白崎の同点ゴールで追いつき、結果そのまま引き分けフィニッシュ。

欲を言えば勝利して終わりたかったものの、度重なるピンチをしのぎつつ、何とかもぎ取った引き分けでした。

 

振り替えろとゲームを通して関川のミスが目立ち、

・2分、セットプレーからの決定てチャンスを関川がふかしてしまいノーゴール

・24分、上述の失点に繋がる関川の守備負け(抜かれる)

・52分、チャンスに関川がボールを持ちすぎて結果、相手に奪われてしまう、、、

特に上記が悪い意味で印象に残りました。

 

逆に最近キレキレのイメージ強い永木。

今節も全般的に動き良くゴールやアシストと言う結果には出ないものの、キレキレの動きでした。

 

注目のピトゥカ。

今回はそう目立った動きや決定的なチャンス演出と言うことはありませんでした。

 

今節でグループステージ突破を決めたことから次節・アウェー札幌戦は消化試合となり、引き続きピトゥカや復帰したアラーノ、あわよくばもう一人の新外国人選手のカイキの試運転などまであるのか?期待したいところ。

  • この記事を書いた人

yuramei

鹿島アントラーズサポーターのyurameiです。普段は千葉在住の1972年生まれのサラリーマン(中間管理職)です。当ブログでは、ゆるいサッカーネタのほかに、グルメ情報(スタジアムグルメ・その他一般グルメ)、趣味、世の中の色々なものを検証したりしたことを綴ります。

-ルヴァンカップ

Copyright© 鹿好きサポーターのブログ , 2021 All Rights Reserved.