明治安田生命J1リーグ

2020年【J1リーグ8節】A 大分VS鹿島 スタメン情報、試合結果・回顧

サッカーボール

本記事は鹿島アントラーズサポーターとしてのスタメン予想のほか、実際のスタメン情報から試合結果・回顧を備忘録として残すための記事になります。

 

前節のホームFC東京戦は鹿島アントラーズが先制するものの、すぐに課題のセットプレーから連続2失点を喫し後半追いついて2-2のドローと勝ち試合を取りこぼしてしまった感じのゲームでした。

 

関連記事
>>2020年【J1リーグ7節】H 鹿島VS東京 スタメン情報、試合結果・回顧

 

今節はアウェーで大分トリニータとの1戦です。

 

2019年シーズンではリーグ戦のみ2戦して1勝1敗でした。

 

関連記事
>>2019J1リーグ第1節 ホーム 【鹿島アントラーズvs大分トリニータ】試合結果・回顧

>>2019 J1リーグ第23節 アウェー【大分トリニータVS鹿島アントラーズ】スタメン情報、試合結果・回顧

 

2019年のホーム開幕戦は、J2から上がって来たばかりの大分トリニータに当時在籍していた藤本憲明(現:ヴィッセル神戸)にまさかの2得点を決められての敗戦スタートを余儀なくされました。

また、この開幕戦で勝ち点1でも拾えていればリーグ戦の最終順位は2位でフィニッシュ出来たので、後にも先にも悔やまれる2019年開幕戦でしたね。

 

本記事のテーマは以下の3つです。

 

その①:スタメン情報(前日予想スタメンと確定スタメン)

 

その②:試合結果・回顧

 

その③:ハイライト動画

 

前日の予想スタメンからはじまって、試合結果・回顧から鹿島アントラーズの監督コメント・選手コメントとハイライト動画をまとめています。

 

2020年 J1 大分VS鹿島 スタメン情報

PK

 

鹿島アントラーズ【予想スタメン】

 

FW エヴェラウド 伊藤翔 

 

MF 和泉 永木 内田 土居

 

DF 杉岡 町田 犬飼 小泉

 

GK クォンスンテ

 

 

今節のスタメンを予想するにあたって、次週8/5のルヴァンカップ・川崎フロンターレ戦をどう考えるかがポイントになります。

わたしはルヴァンカップ重視と予想し、今節のリーグ・大分トリニータ戦はターンオーバーすると考えています。

 

理由は簡単。

ルヴァンカップ・川崎フロンターレ戦を落とすと今年のルヴァンカップも終戦となってしまう事から、最下位をひた走るリーグ戦よりもここはルヴァンカップでの生き残りを優先することからです。

今年のレギュレーションだと、リーグ戦の結果(リーグ1位・2位のみ出場)で出場が決まる天皇杯についてもほぼ無理でしょうから、ルヴァンを早々と落とすことになると相当ヒマなシーズンになってしまうのです。

サポーターとしてもこうなっては寂しいところ。

 

よって今節は思い切ったターンオーバーで引き分け狙い、あわよくば勝利という予想です。

 

鹿島アントラーズ【確定スタメン】

FW エヴェラウド 土居 

 

MF 和泉 レオ 三竿 遠藤

 

DF 永戸 町田 犬飼 広瀬

 

GK 曽ヶ端

 

▼ベンチメンバー

FW 伊藤翔 染野

MF 荒木 白崎 永木 

DF 関川

GK 沖

 

スタメン予想とは真逆の確定スタメンでした。

 

守護神クォンスンテはベンチのも入らず、本日は曽ヶ端に。

前節は最後まで出場したものの、試合中に首を痛める一幕がありましたが、その影響か?

 

ボランチ起用期待した内田もベンチ外に。

 

この布陣見ると、やっぱりルヴァンカップは重要視していないのがわかりました。

(個人的には残念)

今節は必勝態勢ですね。

 

大分トリニータVS鹿島アントラーズ【試合結果・回顧】

1-4 WIN!

幸先悪い前半開始早々の失点から始まったものの、終わってみれば1-4の大勝!

エヴェラウドのハットトリックと伊藤翔の後半終了間際のダメ押し追加点で、気分良くゲーム終了。

上田綺世不在もなんのその。

勝つときはこんなものでしょうか。

 

大分トリニータVS鹿島アントラーズ【スタッツ】

(※カッコ内=前半のみの数値)

●ボール支配率
鹿島51%(55)
大分49%(45)

●シュート
鹿島15(9)
大分6(4)

※枠内シュート
鹿島4(2)
大分1(1)

●パス
鹿島533(332)
大分500(231)

※パス成功率
鹿島78%(80)
大分77%(74)

●FK
鹿島12(4)
大分12(3)

●CK
鹿島0(0)
大分3(1)

●総走行距離
鹿島114.6km(58.1km)
大分119.0km(61.6km)

 

監督コメント

▼ザーゴ監督

自分たちのミスから立ち上がりに失点してしまって、追いかける状況になってしまったんですけど、誰も頭を下げることなく前向きに、自分たちが1週間通して、またこれまでやってきたことを体現してくれて、選手たちがうまく逆転できたことは褒めたいと思います。

--相手の守備を崩すために、焦れずにパスを回すことを指示していたと思います。そのあたりの評価を聞かせてください。

まず1週間通してやってほしいことは、選手たちが今日しっかり体現してくれた。また、それができる技術力やインテリジェンスを選手たちが持っていることは僕たちも分かっているので、要求し続けました。今日もスペースがない中でプレーするのはもう分かっていたことなので、落ち着いて自分たちがやってほしいことを、高い技術とインテリジェンスで体現してくれたと思います。

--開幕4連敗のあとは少しずつ勝点を積み重ねられているが、どういうところがうまくいっている?

自分たちが求めているサッカーを選手たちがうまく体現できていると思います。残念ながら4連敗しましたが、試合内容としてはこちらがやってほしいことができてなかったわけではないと思います。残念ながら個人のミスだったり、チームの不注意だったり、集中力の欠如で試合に負けてしまっているんですけども、自分たちのチームは意識の高いプロフェッショナルな選手たちが多い集団なので、練習でも自分たちのサッカーをたくさんアピールしてきてくれている。それが勝点につながっているのだと思います。

--クォン スンテ選手の欠場は前節のケガが影響している?

もちろん首の影響もあるんですけれども、いまこの苦しい状況でソガ(曽ヶ端 準)の経験というものはチームに落ち着きと自信を与えられると思っていたので、今回はソガにプレーしてもらいました。1点目は確かにミスだったかもしれませんが、それ以外は落ち着いたプレーでチームを安定させ、チームを勝利につなげてくれたと思います。

出典元

https://www.jleague.jp/match/j1/2020/080108/live#coach

選手コメント

▼エヴェラウド

--1トップがハマってきたように見えます。チームへのフィット感はいかがですか?

自分にとって自信につながる試合だったと思います。左サイドでの出場も多かったですが、左サイドで2点、今日は3点。自分にとっては自信につながるので、また次の試合も得点を重ねられるように頑張っていきます。

--少し下の位置にいる遠藤 康選手と非常に良いコンビネーションに見える。

すごく経験のある選手で、ボールを持ったときの技術がずば抜けていると思います。かなり高いレベルでいろいろと僕が要求するやってほしいことをやってくれるので、すごくありがたいです。また日本に来てから幸か不幸か中断期間があったんですけれども、その期間で選手たちと良い関係を築くことができました。その中で遠藤のことを知ることができたので、中断期間もそういう面ではプラスに働きました。

出典元

https://www.jleague.jp/match/j1/2020/080108/live#player

▼曽ヶ端 準

--先ほどザーゴ監督から、曽ヶ端選手の経験でチームを勝利に導いてほしいという思いがあったというコメントがありました。昨季の最終戦以来、8カ月ぶりの出場だったが?

最初GKとしてどうにかしないといけないシュートを決められてしまって、悪い流れになってしまいましたけど、チームとして4点取って勝てたのはすごく大きいですし、自分自身もこういう難しい状況やゲームに出場して、ものにしていくことが大事だと思っていたので、勝てて良かったです。

--最初の失点については、足元がスリッピーな状況だったのでしょうか?

いや、ボールの変化にちょっと先に動き過ぎて、逆に変化したところではありました。

--エヴェラウド選手のハットトリックもあって逆転勝利となった。この勝利はチームにとっても大きい?

そうですね、なかなか勝てなくて、マリノスのときに勝ってからも連勝という形にいかなかったので、この勝利を連勝という形にできるように、チームとしてできればと思います。

出典元

https://www.jleague.jp/match/j1/2020/080108/live#player

大分トリニータVS鹿島アントラーズ【ハイライト動画】

 

鹿島アントラーズ  DATA

提供:FootyStats

2020年のJリーグ観戦はDAZNをテレビの大画面で

 

2020年は新型コロナウィルス感染症の影響でスタジアム観戦は入場制限がなされたり、そもそもワクチン・特効薬が出来るまではスタジアム感染をあきらめる方もいると思います。

 

わたしも鹿島アントラーズSOCIOメンバーでホーム試合は基本全試合観戦していますが、今年は難しいなと思っています。

 

スタジアム観戦が出来ないのなら、必然的にDAZN(ダゾーン)での自宅テレビ観戦になりますね。

 

テレビ観戦なら自宅にある一番大きいテレビで観戦しましょう。

 

最近のスマートテレビならばDAZNアプリがテレビに入っているのでそこから簡単に見れますよね。

 

そうでない少し昔のテレビでHDML端子が付いているなら、グーグルのクロームキャスト(chromecast)を接続すれば同じように大画面で観戦が可能です。

 

そしてボリュームを出来る限り上げて臨場感をまして応援してみませんか?

 

わずか数千円で数倍の臨場感が得られますよ。

 

クロームキャストを使うには?

①HDMI端子付きのテレビ

②自宅Wi-Fi

③スマホかパソコン

があれば可能です。

 

すべて揃っていれば大画面でのDAZN観戦はもうすぐです。

 





  • この記事を書いた人

yuramei

鹿島アントラーズサポーターのyurameiです。普段は千葉在住の1972年生まれのサラリーマン(中間管理職)です。当ブログでは、ゆるいサッカーネタのほかに、グルメ情報(スタジアムグルメ・その他一般グルメ)、趣味、世の中の色々なものを検証したりしたことを綴ります。

-明治安田生命J1リーグ

Copyright© 鹿好きサポーターのブログ , 2020 All Rights Reserved.