食べログ高評価の店を検証 食パン

【発見】トリュフベーカリー・門前仲町/白トリュフ塩パンだけじゃない

本店

 

パン好きの男『トリュフベーカリーについて知りたい。美味しさはどう?アクセスと営業時間、配達はあるの??』

 

こういったギモンにお答えします。

 

本記事の内容

1.トリュフベーカリーについてまとめました。

2.トリュフベーカリーのメニュー3品検証しました。

3.トリュフベーカリー本店(門前仲町)アクセス・営業時間 

 

この記事を書いている人

パン好きで毎朝食はパンを食べ続けて40年ほど。

また、そのパン好きが高じて高級食パンの検証を続けて2年になります。

  

知人の紹介で「トリュフベーカリー」さんを利用させてもらいました。

また、木村拓哉さんもハマっているお店で期待大です。

 

トリュフベーカリーについてまとめました

ベスト5

 

トリュフベーカリーを聞いて行ったことが無い人向けにどんなお店なのか?

ポイントをまとめました。

・ミッション・ビジョンが明確

・食材と物作りに対する考え方がしっかり

・木村拓哉さんもハマる

順に解説します。

 

一企業としてミッション・ビジョンが明確

 

良い企業(会社)には良い企業理念・ビジョンがありますよね。

そこを基本として事業が発展していって成功しています。

 

特にトリュフベーカリーのビジョンの凄いなと思う点は従業員に対しての考え方。

 

・能力○・考え方○の従業員は

会社の為に是非協力しながら一緒に働いてください。貴方の個人目標も一緒に考えさせてください。

 

・能力×・考え方○の従業員には

能力は気にしないでください。しっかりと教育致します。能力は経験で必ず付くものですので、心配しないでください。

 

・能力○・考え方×の従業員には

能力だけを求める会社で必ずフィットしますので、他の会社で力を発揮してください。

 

・能力×・考え方×の従業員には

出来る限り迅速に退職してください。

 

たとえ能力があっても考え方が合わない人は従業員には向けないという点。

素晴らしくないですか!?

 

実際に私は従業員ではありませんし、従業員の知り合いはいませんので実情は知りえませんが、従業員全員の考え方=目線が同じ方向を向いている企業って想像するだけで、良い企業だなと思えますし、その企業なら良いモノ造り出来るよねって普通に思えます。

そのモノ造りからなるパンの味には食べる前から期待出来ます。

 

トリュフベーカリー「ミッション・ビジョン」

 

食材と物作りに対する考え方がしっかり

 

限りなく化学調味料は使わないモノ造り、コンパウンドバター・マーガリンなどの人工的に作られる食材は一切使用せずに100%バターを使用しています。

子供向けにこういった人工的な調味料を気にする親は安心です。

 

そして、毎日食べるパンに「トリュフ」を入れてしまうというアイデア。

唯一無二のパン屋さんです。

 

どの様に食材を、どの様な製法で使用するか、どの量を、どの食材と足算するか、その中で何を選択するのか、何故選んだのか、そういった過程こそが私達が考える私達なりの食材と物作りに対する考え方であり『こだわり』です。

出典元

トリュフベーカリーHP

 

木村拓哉さんもハマる味

 

数多くの美味しい味を知るであろう木村拓哉さんもトリュフベーカリーにハマっています

それは、Weibo(中国圏最大のSNS)にて、木村拓哉さんの投稿でトリュフベーカリーの「白トリュフ塩パン」をドラマ撮影現場に差し入れしている書き込みをしているほど。

 

TBS「グッどラック」の番組内でも、「今ハマっている差し入れ」コーナーで木村拓哉さんは白トリュフの塩パンを紹介していました。

相当ハマっていますね。

 

トリュフベーカリーのメニュー3品検証しました。

店内

 

・パン3品検証

・わりと高めの価格

 

今回訪問して購入したのは食べたかった3品をチョイス。

以下に解説していきます。

 

パン3品検証

 

選んだパンは以下の3種

・白トリュフ塩パン

・生全粒粉食パンハーフ

・あまおうサンド

 

順に解説します。

 

白トリュフ塩パン

白トリュフ塩パン

トリュフベーカリーの中での一番人気です。

上述のこだわりのモノ造りが凝縮された1品で、日常食であるパンに白トリュフを使ってしまったまさかのパン。

味は言わずもがな。

 

これを食べた人全員が「気分は上級国民」になれます。

それぐらい上品で高価な味。

 

食べるときは軽くトースターで焼いてあげるが良いと聞いていたので、そうして食べてみると、パンもよりふんわりとしてバターの風味を感じます。

さらにこのパンの醍醐味である「白トリュフ」の香りが同時にぶわ~っと溢れ出してきます

 

白トリュフ塩パン

 

朝食で食べても◎。

夜はワインともに食べても全然OK。

食べた人みんなを「気分は上級国民」にしちゃう味がありますよ。

 

来客がある時に出してあげてお客さんも一緒にその優雅な気分にしてあげれること間違いが無し。

1個:200円弱と値段も手ごろです。

 

生全粒粉食パンハーフ

全粒粉パン

トースト向き、香ばしさ3倍。

アメリカのオーガニック「生全粒粉」を使用した食パンです。

そのままでもイケますが、焼くとさらに香ばしさが加わって美味さが増します。

(恐らく後述のあまおうサンドにもそのまま焼かずに使われている)

 

しかし個人的には食パンは乃が美の食パンのが好きかな、、、

 

あまおうサンド

あまおうサンド

季節限定の味。

1月の今は「あまおうサンド」がありました。

 

福岡県産のあまおうを1粒分使い、それをリコッタチーズで包んで(恐らく)上述の生全粒粉食パンでサンドしています。

 

色合いとイチゴの断面を見せた造りがいかにも美味しそうですが、

 

あまおうサンド

 

実際の味もリコッタチーズに含まれる塩分がイチゴの甘さを引き立てて生全粒粉食パンで仕留ている美味しいイチゴサンドです。

 

あまおう・リコッタチーズ・生全粒粉食パンのどれが欠けてもこの味は得られない絶妙な組み合わせの造りです。

 

 

わりと高めの価格

 

白トリュフ塩パン:194円

あまおうサンド:432円

全粒粉食パンハーフ:486円

 

個人で毎日バクバク食べるには、価格がそこそこ高いのが唯一のデメリット。

 

しかし、このクオリティを木村拓哉さんのように差し入れや手土産にするなら最適じゃないでしょうか?

「トリュフ」が入っているパンで木村拓哉さんもハマっているパンですよなんて、聞いただけで美味しそうじゃないですか?

 

トリュフベーカリー本店(門前仲町)アクセス・営業時間

店内

 

トリュフベーカリーのお店に営業状況についてはどうなっているんだろう?

・トリュフベーカリーの店舗

・トリュフベーカリー本店(門前仲町)アクセス・営業時間

・Uber Eatsでの配達利用も可能

以上について順に解説します。

 

トリュフベーカリーの店舗展開

 

地域密着の実店舗営業店は以下の4店舗展開されています。

本店(門前仲町)

三軒茶屋店

広尾店

軽井沢店

 

都内には3店舗のみ。

(2021.1.22現在)

 

いつでもどこでも手に入らないのが逆にプレミアム感がありますよね。

 

駅ナカでの販売しているトリュフMINI

JR新橋駅内に「TRUFFLEmini銀座口店」として展開、メニューはミニクロワッサンをその場焼き上げて提供しています。

 

トリュフベーカリー本店(門前仲町)アクセス・営業時間

 

本店は門前仲町にあります。

こちらのアクセスと営業時間は以下の通りです。

 

営業時間

【火〜金】9:00〜19:00

【土・日・祝】8:00〜18:00

【定休日】月曜日休みの時と営業する日があり、要確認

※☎ 03-5875-8435

 

アクセス

門前仲町駅から263m

 

※新型コロナウィルスの影響による営業時間の変更にはご注意を。

 

Uber Eatsでの配達利用も可能

 

食べてみたいけど、店に行くのがめんどくさい!ってあなたには【Uber Eats】も利用可能です。

人気の白トリュフ塩パンなどは売り切れなんてことも、、、

なので思い立ったら早めにオーダーすることをおすすめします。

 

【まとめ】

 

売り場

 

本記事のポイントをまとめます。

・トリュフベーカリーはミッション・ビジョンが明確で凄い

・木村拓哉さんも思わずSNSでつぶやくハマる味

・価格はわりと高め

・店舗はグループ合計で5店舗のみ

・Uber Eatsも利用可能

 

化学調味料や体に悪いものを極力使わないモノ造りで子供にも安心して食べさせることが出来ます。

トリュフの味を知る人もそうでない人もここで味わって優雅な朝食はいかがですか?

 

それではこれで終わりにします。

Uber Eats フード注文はこちら



  • この記事を書いた人

yuramei

鹿島アントラーズサポーターのyurameiです。普段は千葉在住の1972年生まれのサラリーマン(中間管理職)です。当ブログでは、ゆるいサッカーネタのほかに、グルメ情報(スタジアムグルメ・その他一般グルメ)、趣味、世の中の色々なものを検証したりしたことを綴ります。

-食べログ高評価の店を検証, 食パン

Copyright© 鹿好きサポーターのブログ , 2021 All Rights Reserved.