いろいろ検証

Amazonベストセラー1位のおすすめ自撮り棒を買って【検証】してみた!

更新日:

家族や友達と出かけた際にスマホで記念撮影する機会が多いと思います。しっかり撮影するならば、その辺の知らない人に声掛けしてシャッターを押して貰うのが1番ですが、それが頼みにくい人もいますね。それを解消してくれるのが「自撮り棒」ですが、最近のちょっと進化した「自撮り棒のAmazonベストセラー1位」のものを購入し検証してみました!
※2019年4月16日現在の情報です。



TAWARON自撮り棒

大きさ・重さは?

↑の画像は左から
 自撮り棒のスマホをはさむ部分(本体に取り付けて使用)
 USB充電
 自撮り棒本体
※自撮り棒本体は畳んだ状態で20cm×3~4cm。

冬着だと、上着の内ポケットにすっぽり入ります。

自撮り棒本体の重さは237グラム(USB充電含む)

リモコン部分は11グラム

広げた状態の長さで95cm

普通の自撮り棒と違う点

・Bluetoothリモコンが付き、それによりスマホのシャッターが切れる。
 ※そのリモコンはUSB充電が可能(従来のUSB-A規格、type-Cではありません)で、充電時間は約20分。
・リモコンは本体に収納されている為、いざと言う時にいつでも使用可能。
・自撮り棒の持ち手部分が3脚の様に広がり、棒を持たずに立てて撮影出来る。
 (ただし安定感は無し。)

Bluetoothリモコンの性能検証

どの位離れたところまでリモコンでシャッターが切れるかを検証してみます。
①1メートル:問題無し
②5メートル:問題無し
③10メートル:問題無し
全て問題無く反応し、シャッターが切れました。

※その他
撮影した画像確認時(カメラ画面OFF、画像画面ON時)にリモコンのシャッターボタンを押すと、スマホの音量ボタンに反応し(ボリュームが上がって行きました)カメラの機能には反応しませんでした。

その他検証

3脚は不安定感があり、斜面に置いて使用したり強めの風には弱いと思います。

結論

購入価格:2,099円
(※2019年4月16日現在)

まだ出先で使用していませんが、検証している中では【アリ】では無いでしょうか?特に知らない人に写真撮影をお願い出来ない人には重宝すると思います。

(家族で行楽地へ行って気兼ねなく記念撮影が出来ますね!)

Bluetoothリモコンの充電もUSB充電の為、スマホバッテリーや車のバッテリーからの都度の充電が可能な点も良いと思います。(ボタン電池式だといざ使う際に電池切れで使えなかった経験あり)

3脚に関しては実際に使用して行く中で、使いにくさが出てくるかも知れませんが、その際は自撮り棒として使用しておけばカバー可能と思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング





-いろいろ検証

Copyright© 鹿好きサポーターのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.