家族でおでかけ

国営ひたち海浜公園 遊園地「子供が選ぶ【絶叫マシン】ベスト3」

更新日:

国営ひたち海浜公園と言えば、「ネモフィラ」が有名ですが、子育て世代にとっては併設されている遊園地「プレジャーガーデン」が子供向けの手軽な遊園地となっていておススメです。
小学校1年生以上の身長120cm以上になると、全ての乗りものに1人で乗車可能になり、それに満たなくとも保護者同伴で乗車が可能な乗り物もあり、幼少期から成長に合わせて手ごろに楽しむ事が可能です。
また、無料の設備も複数あり、駐車料金等交通費+αで家族で楽しめます。
今回はそんな国営ひたち海浜公園の割引情報から【子供が選んだ】絶叫マシンベスト3を紹介致します。

入園料・チケット割引は?

入園料

まずは入園料ですが、中学生以下は無料です!
 ⇒この点が手軽な子供向けのゆえんの一つです。
大人は年に数回無料の日が設定されていますが、その他は基本的に有料です。
 ⇒大人1人:@450円 (※2019年3月27日現在)
  ※入園料無料の日やその他詳しくは国営ひたち海浜公園公式HPを参照ください。

チケット割引

次にチケット割引ですが、これも公式HPからの割引クーポンを利用するのが良いです。セブンイレブンでJTBのチケット前売りもありますが、実質は変わりません。また、HPには紙に印刷して割引チケットを持参するような事が書いてありますが、今回私はスマホの該当画面を見せるだけでOKでした。(昔は断られたような・・・?)
なので手軽さも加わって、スマホ持参で現地調達で良いと思います。
※繁忙期にチケット売り場の混雑を避ける意味で事前購入はアリかも知れませんが・・・。

ヤフオク等で割引チケットを販売してる方、見受けられますが完全な情報弱者商売してますね。くれぐれもご注意を。

公式HP割引ですと、その他にも団体割引や誕生月割引などもあります。
誕生月だと割引になって胸に誕生日を示すシールが貰え、貼っておくと気づいた従業員さんに「おめでとう!」と言って貰えます。そう、ディズニーランドと同じサービスです。

公式ホームページの割引情報はこちら

子供が選ぶ 国営ひたち海浜公園【絶叫マシンベスト3】

大人が乗ったら【絶叫】と言う表現には当てはまりませんが、子供目線で【絶叫マシン】を選んでもらった乗り物ベスト3を紹介致します。

3位「スーパースイング」

2人乗り(1人も可)の乗り物で、回転しながら上下に乗り物が動きます。
特筆すべき点はその回転スピード。大人向けと同じスピードで回転します。しかし怖いと言うよりも楽しく乗れる様です。

2位「ディスク・オー」

園内中心部に陣取っており、その派手な上下の動きと回転から存在感抜群の乗り物ですが、もうその動きでやられてしまう子供たちが多数です。
しかし、乗ってしまうと見た目よりも怖さはありません。
上手に遠心力を利用し体を固定している乗り物で、その回転が体の固定に繋がり予想に反して安心して乗っていられる乗り物です。

1位「林間ジェットコースター」

乗る前までは普通に大人のジェットコースターに見えますので、怖がりなお子さんはまずその恐怖心に打ち勝たないと乗れないと思います。
乗った後もコース最高地点まで上がっている時は普通のジェットコースター変わりませんので、ここでも怖さは味わえると思います。
大人用のジェットコースターと異なるのはその後。高低落差がマイルドな仕様になっており、ラクになっています。

番外編「大観覧車 ブルーアイズ」

高さを怖がる子供はこちらのがむしろ怖がります。
全高65メートル、海も見渡せ海抜100メートルの景色は本格的な観覧車です。

乗車前に記念写真撮影が必ずあり、乗車後に写真を見て買うか買わないか決める決める事が出来ます。
※私は毎回この観覧車に乗り撮影して写真を購入しています。子供2人含む家族4人の成長記録としています。(台紙付き800円、安く無いけど。。)

以上、国営ひたち海浜公園はネモフィラやチューリップなど「花」で見に来る人が多いと思いますが、私は子育てにおいてこの遊園地「プレジャーガーデン」にばかり通っていました。今回の絶叫系の他にマイルド系乗り物もあり、子供の成長に合わせておススメです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村





-家族でおでかけ

Copyright© 鹿好きサポーターのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.