明治安田生命J1リーグ

2019 J1リーグ第10節 ホーム【鹿島アントラーズVS清水エスパルス戦】スタメン、試合結果・回顧

更新日:

いよいよ令和最初の公式戦、明治安田生命J1リーグ ホーム 清水エスパルス戦です。

【確定】スタメン

GK クォンスンテ
DF  安西 町田 犬飼 永木
MF  白崎 レオシルバ 三竿 レアンドロ
FW 土居 伊藤翔

DF陣(特にCB)のこの顔ぶれもあと僅かかも知れませんから、逆に町田・犬飼はアピールして欲しいところで、まもなく優磨もやってくると思われるFW陣も奮起を期待したいところ。

10番安部はベンチスタートも途中出場でのキレに期待。

試合結果・回顧

3-0 WIN!

現地観戦していましたので、開始早々のフリーキックは「PKか?!」と言う空気もあって、更にその後の誤審疑惑(ほぼ誤審?)など、ハラハラする展開でした。

得点から遠ざかっている伊藤翔については、良い駆け出しもあってタイミング合えば得点も付いてくると見えます。

気になるのは、またしてもクォンスンテのパフォーマンス(誤審により失点0になっていますが)、あのシーンはスンテなら誤審に助けられる事無く、弾き出して欲しいところ。

しかし、結果的には3-0の完勝で令和初戦を飾ることが出来、途中出場の10番安部の久しぶりのゴール、試合終了後の2回のオブラディもあり、鹿島アントラーズサポーターにとって楽しい1日となりました。

監督コメント

攻守において、非常に良いアグレッシブな姿勢を見せられたのではないかと思います。次のACLの試合に向けても非常に勢いの出るゲームだったと評価しています。

--2点あります。後半、かなり相手の左サイドへの指示を送っていましたが、その意図を教えてください。あと安部 裕葵選手の投入意図を教えてください。
レアンドロは当然言葉がなかなかリアルタイムで通じるわけではないので、逐一、細かく言うことで意識させることをしていました。
安部のところは白崎(凌兵)が非常に良い形で間、間に入ってやっていたんですけど、少し体力的なところでもう1個ギアを上げて推進力を出すために安部を入れました。

--采配が的中した良いゲームでした。
これは交代して入った選手が非常にアグレッシブにやってくれた結果ですし、先発から出た選手も含めて非常に良いゲームだったと思います。ただ、後半の最後のほうも少しチャンスがありながら決め切れなかったことは、満足することなく追い求めなければいけないところだと思うので、もっともっとレベルの高いチームになるにはああいうところで決め切る。点差関係なく、常にチャンスを決め切るイメージを選手に持たせたいと思います。

出典元
Club J.LEAGUE

選手コメント

安部
前節(・横浜FM戦は)、守備重視の形で試合に入ったんですけど、今節はやっぱり前からという感じになったので、試合もハマりましたし、前から行ったことが勝因だったと思います。

--ゴールを振り返って。
あれはレアンドロ選手が良いところでパスを出してくれたので、レアンドロ選手のゴールだったと思います。

--監督からはどんな指示がありましたか?
途中出場することはありますけど、特に戦術とかこういうプレーをしろということは言われないですし、ただ思い切ってやってこいよと言われる。信頼されているのは分かっているので、その期待に応えられて良かったです。

土居
やっぱり前節(・横浜FM戦)の反省を生かして、勝っている状況でのプレー選択というのはすごくバランスよくできていたと思う。2点目、3点目を取ったあとのカウンターで行ったり来たりするのはありましたけど、それは3点目が入った時点でどんどんやっていいと思うし、やっぱり1-0の状況でそれをやるのは難しいと思うので。確実に前節の反省はみんなの頭にあったと思うし、全員で共通認識の下で試合をコントロールできたと思います。出典元

出典元
Club J.LEAGUE

最後に皆さまに1つだけお願いです!

ブログランキングに参加しています。
1回だけでかまいません、クリックをお願いできればと思います。
↓↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村


Jリーグランキング





-明治安田生命J1リーグ

Copyright© 鹿好きサポーターのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.