仕事

【簡単】失敗しない営業マンの心構え3つと【読むべき良書3選】

営業マン

 

営業成績が伸び悩む営業マン『営業成績がなかなか上がらない。どうやったら上がるのかな?何をモチベーションに頑張ってるの??更に磨きをかけるにはどうしたら良かな???』

 

こういったギモンにお答えします。

 

本記事の内容

1.【営業マンの心構え3つ】まとめました。

2.営業に対するモチベーションが上がる理由

3.営業マンなら【読んでおきたい良書】3選

 

この記事を書いている人

わたしは、水産業界の営業マンとして25年の経験があります。

現在の年収は約1,300万円ほど。

ユーチューバーなんかと比較すると足元にも及びませんが、普通のサラリーマンとしては、わりと営業実績残せて会社からも評価もらえた方だと思います。

関連記事
>>【水産業界現役の営業マン】が業務内容について語ります!

 

そんな私がこれまで続けてきた営業成績をあげる為の心構えからモチベーションが維持される理由と読んできた良書3選を解説します。

 

【営業マンの心構え3つ】まとめました。

心構え

 

営業マンですから、その会社のシステムや商品知識について熟知している前提で、営業に取り組むにあたっての心構え3点をお話しします。

 

スピード対応

1にスピード2にスピードのスピード対応。

 

とにかくスピードです。

 

スマホが世界中に普及している今、情報の伝達は世界中に一瞬に回ってしまいます。

ノコノコと翌日に回して仕事をこなそうとしても、それでは競合他社に負けてしまいます。

 

仮に間違った対応をしてしまっても、スピード対応している場合はそこには修正して出直す時間があります。

 

「遅くて怒られることはあっても、早くて怒られることは無い」です。

 

スピード対応は必須です。

 

契約してくれてないお客さんは客と思わない

お客様は神様です。

って言葉がありますが、その気を見せつつ契約してくれないお客さんは客とは思ってはいけません。

 

ないがしろにしろと言う事ではありませんが、そこまで丁寧にする必要もありません。

 

規模の大きな会社で勘違いして偉そうにしてくるお客さんもいますが、会社が大きかろうと小さかろうと契約してくれなければ一緒です。

 

決して物怖じなどせずにズケズケとモノを言い、セールスしましょう。

 

契約してくれたお客さんには手厚いアフターフォロー

 

契約してくれたお客さんには手厚いフォローは忘れずに。

上得意先の担当者にはその人の趣向に合った仕事以外のお付き合いも忘れてはいけません。

 

接待(会食など)されることが好きな人には経費がゆるされる範囲で心からおもてなします。

 

最近は大手企業の担当者ほど接待禁止をうたっていますが、誘ってみると隠れて受けてくれる人も多いです。

 

そんな得意先担当者なら絶好のチャンス。

 

おもてなししてより密接な関係になりましょう。

 

誰でも接待受けて気分悪くなる人なんていません、接待中に「ここだけの話」なんかも聞けたりしてより有益な情報も取れたりしますから使わない手はありませんね。

 

土下座したら契約してくれると言われたら?

現実には経験ありませんが、私なら喜んで土下座して契約してもらいます。

これほど簡単な営業はありません。

コスパ最高です。

 

プライドが無いのか?って言われそうですが、ちょっとの時間土下座する事でその後のハッピーな長い時間を得られるんですから、ここは役者になったつもりで演じます。

プロの営業マンとしてのプライドは残っています。

 

営業に対するモチベーションが上がる理由

モチベーション

 

営業成績が上がって来ると自然とモチベーションがあがります。

理由は営業の成績が上向くことで、営業の仕事自体も楽しくなって評価も変わり多かれ少なかれ収入UPに繋がるからです。

 

さらにお客さんがお客さんを紹介してたりして、そのお客さんとの取引が増えると更に営業成績も上がってさらに収入もUP、取り巻く環境がプラスのスパイラルになって楽しくなります。

※紹介してくれた際の成約率はとても高いです。

まさにお客がお客を呼ぶ現象です。

営業が楽になって収入も上がってしまいます。

 

たまに営業をサボっても影響はありません。

むしろ英気を養う時間になります。

 

私も他の活躍している営業マンも最初は顧客も知識もゼロからスタートしています。

 

でも性格的に営業が向く人と不向きな人があるんじゃないの?って思ったりするかも知れません。

 

しかし、マジメに【営業の心構え3つ】をもとに実践していれば問題ありません。

時間とともに成果は付いてきます。

 

本当です。

 

なので営業の成績が上向くと取り巻く環境がプラスのスパイラルになって楽しくなり自然とモチベーションは上がります。

 

営業マンなら【読んでおきたい良書】3選

 

営業マンとしての心構えとモチベーションが上がる理由を解説しました。

更に前向きに営業に取り組むにあたって押さえておきたい思考は本から取り込むと良いです。

 

私も参考にした【営業マンなら読んでおきたい良書3選】をあげます。

 

7つの習慣/スティーブン・R・コビィー

ロングセラーの自己啓発書。

私自身もこの業界に入りたての若かりし頃に出会って、そのエッセンスは今もなお

生活や仕事面で生き続けています。

特に第4の習慣の「win-win」と言う言葉は今でこそ一般的ですが、最初はこの書籍から出た言葉です。

 

多動力/堀江貴文

堀江貴文さんの本は過去に何冊も発行されていて、その内容が重複する本がいくつかありますが、この「多動力」は古い部類になる本ですが、

その後いくつも登場する堀江さんの格言とか思考がしっかりと入っている本です。

物事を効率良く進める原動力についてまとめてあって、大人として・営業マンとして

新しい考えかたを得るきっかけにもなります。

 

古い分、本・kindle・Audbleとも揃っていて、なおかつ価格も安いのも良いですね。

 

営業の魔法

 

営業としてのあり方・トークの技術を登場人物とともに学んで吸収出来る良本。

経験ある人なんかは同じ考えの場面で「フフッ」とにやついてしまうほど、考え方が

かぶる場面もあり、やって来た実績のある人は考え方も共通しているのだと

あらためて思えます。

これからの人には目を通しておくべき1冊。

 

Amazonでは、kindle版は無いので単行本かAudible版で。

 

<まとめ>【簡単】失敗しない営業マンの心構え3つと【読むべき良書3選】

まとめ

 

本記事のポイントをまとめます。

・営業マンの心構えとして、「スピード対応」「契約してくれないお客さんは客と思わない」「契約してくれたお客さんには手厚いアフターフォロー」を考えて行動しましょう。

・土下座して契約とれるなら簡単でコスパ最高な営業である。

・営業成績が上がってしまえば、あとはプラスのスパイラルで営業がラクになって収入も上がってしまいます。

・さらに営業力に磨きをかけるならば、本を読んで磨きましょう。

以上、皆さまの参考になれば幸いです。

 



-仕事

Copyright© 鹿好きサポーターのブログ , 2020 All Rights Reserved.