アジアチャンピオンズリーグ

ACL アウェー【ジョホールVS鹿島アントラーズ】確定スタメン、試合経過・結果・回顧

更新日:

画像は第1節のホーム戦のものです

ACLグループステージも第5節。
予習記事「ACL 2019アウェー【ジョホールVS鹿島アントラーズ戦】の予習とスタメン予想してみた!」の通り、今節勝利すれば慶南の結果次第でグループステージ突破が決まります。逆に落とせば最終節の結果次第となり、最悪の場合グループステージ敗退もありうる重要な1戦となります。

今回は、自宅スカパー観戦にて随時試合経過の更新と試合結果・回顧まで記事にしたいと思います。

スタメン確定

FW

伊藤翔 セルジーニョ

まさかの伊藤翔がスタメンです。

MF

安部 平戸 レオシルバ 遠藤

MFもまさかのレオシルバ、平戸は右SBで無くMF(ボランチ)起用。

DF

安西 町田 犬飼 永木

右SBは永木でした。

GK

クォンスンテ

不動の守護神。

太字は予想外のスタメンメンバー。
ある意味衝撃的。
今回で決めに来ていますね。

控え

GK
曽ケ端
DF
チョンスンヒョン
MF
土居  中村  白崎
FW
金森  山口

前半0-0

惜しいシーンが何回もありましたが、決めきれませんでしたね。
それにしてもパスが合わない繋がらない、芝もゴワゴワ剛毛な感じの重そうな芝でやりくそうでした。
一方、同じEグループの山東が勝利を決めていますので、このまま引き分け以上でグループリーグ突破が決まります。
勝負のスタメンだけに決めて本日欲しいところ。
後半に期待!

後半1-0

再三のチャンスもモノに出来ず、ジョホールに先制点。。。
これまで翔さん今日は何回もチャンスあったけど、決めきれず。

選手交代

71分 平戸 → 土居
75分 遠藤 → 金森
83分 安部 → 山口

試合終了1-0

伊藤翔、決めて入れば5点位のチャンスあったのでは?
惜しまれる敗戦・・・。
この勝負メンバーでの敗戦、疲労からの週末のJ1にも影響を残す1戦となってしまいました。

最終節は?

勝利か引き分けで決勝トーナメント2位進出決定
⇒その場合、サンフレッチェ広島との日本勢対決が確定

試合回顧

出典元
Club J.LEAGUE

前半は剛毛芝でやりにくそうな展開で、ボール支配率も鹿島は30%台と押されていました。ボール奪ってもそこからのパスが合わずに繋がらず直ぐに相手ボールになってしまう展開に。そんな中でレオシルバの決定的チャンスあるものの弾かれノーゴール。しかし、後半は逆に鹿島ペースとなり、得点の香りもしていましたが、再三の伊藤翔のチャンスも全て決まらず、無得点。逆にジョホールは犬飼のまずい守備による決定機にきちんと決めてそのまま試合終了。

今日は怪我人除いたベスメンに近かっただけに痛い敗戦と思います。
繰り返してしまいますが、週末のリーグ戦の結果も気になりますね。

試合後コメント

監督コメント


鹿島アントラーズ:大岩 剛
Q.気候の影響はあったか? 

A.気候やピッチの影響はもちろんあった。ただそれはジョホールも同じ条件でやっているし、自分たちもそれを分かった上で試合に臨んだ。そこは言い訳にしてはいけないと思う。自分たちがしっかりゲームをコントロールすることができなかった。特に失点の場面ではそれができていなかったので、残念に思う。 

Q.前線の選手にうまくボールが収まらなかったり、決定的なチャンスを逃してしまったが、そこの部分はどのように評価しているか? 

A.最後までしっかり攻撃はしていた。ただ、最後の部分のワンプレーで決めることができなかったのは、非常に残念に思う。試合を通じて自分たちが何回かあったチャンスを決めきれなかったというところが試合に影響した。今日の90分の改善をして、次に生かしていきたい。 

Q.グループステージ突破のチャンスは、どの程度残されていると思っているか? 

A.最終節にしっかり勝つことで、突破のチャンスは開かれると思う。なので最終節、しっかりとホームで勝つことしか考えていない。 

Q.とてもディフェンシブに戦っているように見えたが、実際はどうだったか? 

A.ディフェンシブに戦ったわけではない。積極的に守備をしよう、攻撃をしようと言ってゲームに入った。ただ、今日の90分を通した自分たちの試合のコントロールの部分は、次のゲームに向けて改善していかなければいけない。 

Q.ミスが多く、行ったり来たりの展開になっていたが、どのように戦況を見つめていたか? 

A.攻守においてミスが多く、ボールが収まらない、前線と出し手が合わない、ピッチの悪いところをあえて使ってしまったりしていたので、サイドから起点を作っていくという自分たちの意図を持ってプレーしようとした矢先に失点をしてしまった。そこは非常に残念なところとなった。ゲームの中で守備から攻撃のところは、もう一度やっていかなければいけないところだと思うし、簡単な失点だったのでしっかりと反省をしていかなければいけない。 

Q.直近の試合からメンバーが若干変わったが、それを踏まえて今日のメンバーに期待したことは? 

A.我々は、Jリーグと並行してACLを戦っている。そこの選手選考についてはしっかりとコンディションを見極めた上で起用している。普段出ていない選手が、いかにフレッシュな状態でアグレッシブにやれるかというところは期待していた。しかし、それが期待していたより少なかった。次のJリーグに向けてしっかりとコンディションを整えたい。

出典元
http://www.so-net.ne.jp/antlers/games/52590/live

選手コメント


【遠藤 康】 
得点を決めていればという試合だった。オープンな試合展開になって悪いボールの取られ方が多かった。中央で取られたり、みんなが上がっている最中に取られたり、そういう場面が多かったので、前の責任でもあるし、こちらの力不足でもある。 

【安部 裕葵】 
良い状態でールをもらったら、幸輝くんと僕でクロスを上げきる自信はある。でも、なかなか良い状態でボールが入らないので、それが課題かと思う。 

【犬飼 智也】 
難しいゲームになることはわかっていたので、耐えきらないといけないし、点を取らないといけなかった。前半から自分たちのミスからピンチをつくられていたので、そのツケが回ってきた。でも、守らないといけない失点。申し訳ない。 

【伊藤 翔】 
結果をしっかり受け止めて、自分の足で返すしかない。まだグループステージ突破の可能性は残っているので、取り返すためにやる。 

【永木 亮太】 
試合を通して、自分たちがボールを保持しているときのミスが多かった。相手はピッチにも慣れているし、自分たちのホームでやったときよりも、しっかりとつないできたし、攻撃も完結していた。その差が結果に出てしまった。

出典元
http://www.so-net.ne.jp/antlers/games/52590/live

選手コメント追記

今回ポイントだった選手の更に具体的なコメントがありましたので追記します。

【犬飼 智也】

難しいゲームになるのは分かっていたので耐え切らないといけないし、点を取らないといけないと思います。

--失点する前の時間帯から悪い失い方が続いていたが?
前半から自分たちのミスからチャンスを作られていたので、そのツケが来たのかなと思います。でも、守らなければいけない失点でしたし、申し訳ないです。
--あの時間帯、体力的にはどうだったのか?
相手のほうが走れていましたし、走り負けていたのはあります。


【遠藤 康】

決めていればという試合だったし、お互いにオープンな試合になっちゃって、悪い取られ方がちょっと多かったかなと思います。

--失点の前の時間帯、攻めているけど失い方が、という場面が続いていた。
取られるぶんにはいいんだけど、真ん中で取られたりとか、みんなが上がっている最中に取られるとか、そういうのがちょっと多かった。前の責任でもあるし、ウチらの力不足でもある。(失点シーンは)ワン(犬飼 智也)がああやって抜かれたけど、決してワンだけのせいじゃないし。もう次に試合が来るので切り替えてやっていくしかないと思います。

【伊藤 翔 】

今日の敗戦は自分のせいだと思う。前半ももちろんそうですし、自分が決めていればこういう展開にならなかったと思うし、最後の場面もそうだった。ほんとにせっかく90分戦った選手もそうだし、スタッフもそうだし、いろいろやってくれたチームの人のためにも申し訳ないなという気持ちです。

--あそこで決めるのが持ち味だったはずだが?
そうですね。ほんとに力不足というか、自分のせいで負けた試合だと思います。

--何がいつもと違った?
いま一歩、ボールに向かっていけていない感じが自分でもあるので、そこは練習から修正しないといけないですね。

--ずっとセンターFWは1人でやっているが?
チームを勝たせられるだけのチャンスはあったと思うし、そういうところでちゃんと勝たせられるかが自分の仕事だと思うので、そういう意味では今日はゼロ点だと思います。

出典元 Club J.LEAGUE

最後に皆さまに1つだけお願いです!

ブログランキングに参加しています。
1回だけでかまいません、クリックをお願いできればと思います。
↓↓↓

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ


にほんブログ村


Jリーグランキング





-アジアチャンピオンズリーグ

Copyright© 鹿好きサポーターのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.