いろいろ検証 その他もろもろ

【検証】【スマイルゼミ】小学生コースを1年やってみた結果を公開してみた!

更新日:

我が家は「お受験」などとは無縁の、とある千葉県のまぁ一般的な家庭だと思っているんですが、せめて娘が登校前に持て余している十数分の時間だけでも勉強をやらせてみようかな?と思ったのが 「スマイルゼミ」 を使うきっかけでした。
また、特にそこまで学力向上を期待していた訳でも無く、「少しはプラスになるでしょ」くらいの思いで1年やらせてみました。



1年生時の成績

始めたのはちょうど1年生の3月の途中から、1か月のお試し期間を経て1年間の学費を支払い始めました。

始める前の通知表(1年生)はこんな感じ↓

1年生の評価は「A・B・C」の三段階のみで、それぞれ
 A:十分達成している
 B:ほぼ達成している
 C:努力を要する
という内容となっています。

C評価はまず無いものと思われ、B評価=事実上の「努力を要する」的な要素があるものと思っていました。

2年生時の成績

本格的にスタートしたのが4月で、その半年後位に「前期」の通知表が届きます。(他の地域はどうかわかりませんが、今は学期ごとに通知表を出さないんですね)

2年生(前期)の通知表はこれ↓

国語:Aが2個⇒3個へ増える
算数:Aが2個⇒3個へ増える
これは効果あり?と思え始めました。

そして、2年生を修了した後期の通知表がこれだ・・・↓

国語・算数ともにオールAに!

目を見張る効果!
この間に、私たち両親は勉強を教えたことがありません
朝の十数分の時間と、休日の少しの時間にやらせていただけでこの結果です。

この通知表以外に千葉県標準学力検査なるものがあり、こちらの結果も

【国語】
 90点(1年生)⇒100点(2年生)
【算数】
 90点(1年生)⇒98点(2年生)
となりました。

スマイルゼミをやらせてみて思うこと

まさに時代にあったタブレット学習で、算数だと問題の解き方の解説があったり、国語だと感じの書き順をなぞって覚えさせたり、先生がつきっきりで教えてくれているように分かりやすい教え方になっています。

また、タブレットにはゲームやキャラクターゲームなんかも収録されているんですが、このゲームは好きなだけ遊べる事が出来ず、勉強する事で貰えるポイントが無いと出来なかったり、時間制限もちゃんとあったり、子供は自分の楽しみと引き換えに勉強しなければならないと言うシステムなのも良く出来ていると思います。

例えば英語の発音学習では・・・
①まず、お手本をタブレットで聞きます。
②次にお手本の後に自身で発声します。
 ⇒これが録音されています。
③最後にお手本の後に続いて自身の発声したものの録音された音声が流れるのを聞き、合っていれば「ピンポーン」と正解が貰えます。
まさに英会話教室です。

結論

かなりおススメ出来る勉強教材だと思います。
何か塾通いを一つ減らしてでも取るべき学習だと思います。



にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング





-いろいろ検証, その他もろもろ

Copyright© 鹿好きサポーターのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.